はじめてカードローンでお金を借りる際の借入限度額はどれぐらい?

消費者金融カードローンの広告では、「最大融資額500万円」といった記載がありますが、実際に500万円も借りている人はほとんどいません。カードローンの審査に通ると、利用者一人一人に対して借入れの限度額が設定されます。この借入限度額は、最大でも「年収の3分の1まで」と決まっています。

複数の金融機関からお金を借りている場合は、借入れの合計金額が3分の1以下でなければなりません。さらに、勤務先での安定性や、無理なく返済できるかどうか、という点も考慮されて借入限度額が決まるので、実際には、年収の3分の1よりも低い金額に決まる場合が多くなります。

消費者金融カードローンの借入限度額は「総量規制」によって左右される

消費者金融での借入限度額は、「総量規制」というルールによって、最大でも年収の3分の1までと決まっています。
例えば年収が300万円の人は、どんなに多くても100万円までしか借りることができません。複数の金融業者を利用している場合は、その合計金額が100万円となります。

既にA社から70万円借りている人が新たにB社に申し込んだ場合、B社での借入限度額は最大でも30万円です。

また、本人の年収が0円の場合は、3分の1も0円なので、消費者金融からお金を借りることはできません。働いていない専業主婦の場合は、配偶者である夫の年収がどれほど高くても、カードローンに申し込むことはできません。

貸金業法の総量規制とは?

「総量規制」とは、消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者に関する規制を定めた「貸金業法」の中のルールの一つです。この総量規制によって、貸金業者からの借入総額は、「年収の3分の1まで」ということが決まっています。

総量規制が定められる前は、年収に関係なく多額の借り入れをすることが可能でした。しかしその結果、ムリな借り入れをして返済が滞り、その返済のために、さらに他の消費者金融から借金をしてということを繰り返し、多額の借金を抱え込んで生活を破たんさせてしまういわゆる「多重債務者」の人が続出しました。

つまり総量規制は、利用者の生活を守るという観点から定められたルールです。複数の消費者金融を利用した場合は、その合計金額が年収の3分の1を超えることがないように、審査の段階できちんと調査が行われます。

はじめて消費者金融でお金を借りるときの借入限度額の相場について

消費者金融のカードローンの審査では、過去に滞納などの履歴がないか、他の金融機関から既に借り入れをしていないか、ということが重視されます。ちなみにはじめて申し込んだ人の場合は、そういったマイナス評価となる点がないため、審査には比較的通りやすいと言われています。

一方で、きちんと返済したというプラス評価となる履歴がないため、信用度は低く、借入限度額は低めに設定されることが多くなっています。そのため、はじめての申し込みでは、会社員や自営業者の場合は、年収に関係なく、借入限度額は50万円以下となることが一般的です。

主婦や学生の場合はパートやアルバイトなど収入になるため、年収も安定性も低いと判断されるので借入限度額は更に低くなり、最大でも30万円程度となっています。

また、学生が消費者金融に申し込んだ場合は、卒業が近いかどうか(=社会人となる日が近く、収入が増える確率が高い)という点も、審査に影響します。

お金借りるなら|即日対応カードローンで今日中にお金を借りる方法まとめ